ジスロマックはクラミジアに効く薬として有名です。また、予防としても効果的なので、少しでも性病に不安を覚えるなら試してみましょう。

  • ホーム
  • オーラルセックスで感染し放置と治療薬ジスロマック

オーラルセックスで感染し放置と治療薬ジスロマック

落ち込む女性

クラミジアという病原性の微生物が感染することによって起こるのが、クラミジア感染症とよばれる病気です。
このクラミジア感染症にはいくつかのタイプがあり、のどの粘膜にできるものが咽頭クラミジア感染症、性器やその周囲にできるものが性器クラミジア感染症として区別されます。

性器クラミジア感染症は、通常のセックスによって感染するものですが、実はオーラルセックスの場合にも、クラミジアが感染する可能性があることが知られており、これが咽頭クラミジア感染症の原因の一端になっていることがあります。

性器クラミジア感染症の場合には、女性であればおりものが増える、男性であれば尿道に軽い痛みや違和感があるといった初期症状がありますが、気づかないで過ごしてしまうという場合も多いものです。
しかし、これを放置してしまうと、特に女性の場合には子宮頚管炎や子宮内膜炎、骨盤腹膜炎などといった病気に発展してしまい、ついには不妊の原因にもなってしまうことがありますので、かなり注意しておいたほうがよいといえます。

また、咽頭クラミジア感染症の場合には、のどの腫れ、痛みといった、風邪と見間違うような症状が一般的です。
性感染症であるとはわからず、クラミジアには効き目のない市販薬を飲んで治そうとする、あやまった対応をしてしまいがちであるともいえます。

このようなクラミジア感染症に対しては、ジスロマックのような抗生物質を投与するのが効果的であり、クラミジアの増殖が抑制されて、症状がすみやかに改善されるようになります。
性感染症の場合、本人だけではなく、相手のほうも同じ病気にかかっている可能性が高いといえますので、相手にも伝えて検査を受けたほうがよいでしょう。

人気記事一覧