胎児の健やかな発育をサポートする栄養素

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が知られるようになってきました。
葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や願望している方も、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみてください。

むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようとそこから妊活を初めました。
妊娠に適した体になるように、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動で体の調子を整えることにしました。

その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温が高くなったので、悩んでいた冷え性を改善することが出来立ため、妊娠に向けて前むきな気持ちです。
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

 

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血行を良くして、自律神経の働きを促し、ストレスを和らげる効果もあります。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)をつくりてください。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分はどちらも不足しがちなものです。一般的なご飯では、十分な摂取が出来ない方が多いといわれているのですから、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。最近は、こうした不足しがちな成分を全て含有しているサプリが開発されています。

 

こうしたサプリを選べば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
親友が妊娠したいと話していた頃に漢方を欠かさず服用していたようでした。その子の話によると、体質から変えたい、と考えているようでした。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心できますね。漢方をつづけていた彼女は、命を授かることが出来ました。

 

彼女が妊活をがんばっていたことを知っていたので、良かったと思っています。
妊娠してから栄養指導を受けたり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

 

こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、十分な葉酸摂取を心がけて下さい。妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸が不足しないように注意するといいでしょう。

 

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。ですからサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取してください。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。

 

それはつまり、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。
もちろん、妊娠を願望する妊活中の方にもいえるでしょう。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心かけることをお奨めします。今、二人子供がいます。二人目の子に向けて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

 

一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが記載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで期待と不安でドキドキして生活いました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

 

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。妊活中の女性において、健康維もと栄養補給を目的としたサプリは、多様なものが売っています。どのようなものがお奨めかと言うと、葉酸が配合されたものが、一番のお奨めです。

 

葉酸が持つ効果としては、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防する事が出来ます。
それに、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。それから、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。ですので、夫婦一緒に大切なサプリであると言えますね。

 

サプリに関する口コミはコチラをチェック